生きてはいない、ただ死んでないだけ

ただ「死んでない」だけの誰得なブログ

原点回帰1

バイオハザードを初めて知ったのは、小学生の時だ。

 

友達の家に遊びに行くと、友達が何やら変わったゲームをプレイしていた。

 

画面の真ん中に主人公と思しきキャラクターが1人ポツンと立っている。

でもBGMもなければ、敵もいない…

食堂と思われるやたら広い空間にただ時計の音と足音だけ響く感じが妙に不気味だった。

 

友達とプレイするつもりで持ってきたレースゲームのソフトを放り出し、その画面に釘付けになった。

画面のキャラクターは時折壁に向かって走ったり、その場でグルグル回ったり、何やら変わった動きをしながら扉を開けて奥に進んでいく。

 

そして ”それ” との出会いは、唐突に訪れることになる。

当時小学生だった少年にとって、その”出会い”はあまりにも衝撃的過ぎるものだった。

 

もう人ではない ”それ” が振り返った瞬間、あまりの恐怖に思わず叫び声を上げ、そこからもう画面を見る事ができなかった。

あの ”人ならざる者" と目が合った瞬間が、頭から離れない。

 

日も早く沈むようになり薄暗くなった帰り道を、少年は恐怖で泣きながら何度も後ろを振り返り、激チャで家まで帰った。

 

あれから20年以上が経ち、そんな少年もすっかりおっさんになった。

 

あの衝撃的な ”出会い” 以来、すっかりバイオハザードにはまってほとんどのシリーズをプレイしてきた。

 

だが、そんなバイオハザードも時代の変化と共にその様相を変えていく。

当初ではサバイバルホラーでの謎解きも多かったが、4からはアクションシューティングの要素が強くなり、6ぐらいになるとホラーの要素はほとんどなくなってしまった。

やがて ”それ” の存在も「ガナード」「マジニ」と呼ばれるクリーチャーに取って代わり、彼らのゲームでの扱いは今やヘッドショット一発で死んでしまう、いわゆる「弾薬補給係」。

近頃ではUSJなどのテーマパークにも ”それ” は「ゾンビ」と呼ばれて現れるようになり、今ではすっかりハロウィンの風物詩にもなっている。

 

あの時の ”人ならざる者” の恐怖は、少年の中からすっかり消えてしまっていた。

 

そんな時、バイオ2のリメイク作品である「バイオハザード RE:2」発売が発表された。

大好きなバイオシリーズだったので、とりあえず予約購入まではしていた。

だが、あの頃のサバイバルホラーとしてのバイオが好きだった自分としては、中々気が乗らず実際にプレイすることなく時間だけが過ぎていった。

 

そんな時、「バイオハザード RE:3」が発売されるのを知り、PS4にインストールされたままになっているRE:2の存在をふと思い出した。

 

気が付けばRE:2の予約購入から既に1年近く経っていた。

PS4の電源を入れ、ホーム画面の外に追いやられたRE:2のソフトを起動する。

 

「まぁオリジナル版もやっとるし、ヘッドショットしとけばいいやろ。」

 

もはやバイオシリーズに、あの時の恐怖は期待していなかった。

もう今のバイオに ”それ” はいないのだ…

 

主人公にレオンを選択して、難易度はSTANDARD。

ムービーがとても綺麗で、オープニングで既に別のゲームのように感じる。

 

ガソリンスタンドからのスタート。

この段階で既にオリジナルと違うので驚いた。

 

スタンドの奥からうめき声のようなものが聞こえる。

音のする方へと進み、扉を開ける。

 

扉を開けた先に、”それ” はいた。

その ”人ならざる者” は、よりリアルになって再びバイオに返ってきていた。

f:id:cherrybombom:20200516212625j:plain

原点回帰したRE:2 あの時の恐怖が蘇る

目が合った瞬間、自分の中にあの時の恐怖が蘇ったのが分かった。