生きてはいない、ただ死んでないだけ

ただ「死んでない」だけの誰得なブログ

笑顔1

仮面ライダー...

 

これまで幾度となく我々の命を脅かす悪と戦い、地球の平和と人々の笑顔を守り続けた孤高の "戦士” ...

 

その歴史は昭和の1号ライダーに始まり、これまでに数多くのライダー達が登場した。

 

 

その中でも "平成ライダー1号" となる「仮面ライダークウガ」が僕は大好きなのである。

 

 

勿論、理由としては単に世代だったという事もあるが、この「仮面ライダークウガ」はこれまでのライダーシリーズの概念の多くを覆した、ライダー史におけるいわば ”ターニングポイント" となった作品でもあるからだ。

 

物語は、長野県のとある山中から謎の遺跡が発掘されたことから始まる...

遺跡から発見された棺の蓋を開けたことで、現代に蘇った謎の存在によって調査団全員が殺害されるという事件が発生する。

城南大学大学院生で考古学の研究をしている沢渡桜子が現地のメンバーに連絡を取った際に突然連絡が途絶えたため、そこに居合わせていた冒険家・五代雄介は様子を見るために現場に急行する...

雄介は遺跡に入ろうとするものの、事件の捜査に当たっていた長野県警の一条薫に引き止められてしまう。

しぶしぶ引き返そうとしたその時、捜査で押収されたベルト状の遺物から突如、雄介は「戦士」のイメージを感じ取る。

 

その後、警察署で現代に蘇った怪人「グロンギ」に遭遇してしまう雄介...

目の前でグロンギによって次々と命が奪われていく...

遺跡で感じ取った「戦士」のイメージを頼りに、咄嗟にベルト状の遺物を装着した雄介は「クウガ」に変身する...

 

 

大切な人たちの笑顔を守るために…

雄介は「仮面ライダークウガ」となって、怪人「グロンギ」と戦う事を決意する。

 

 

 

深まる遺跡の謎...

 

グロンギ」はなぜ人間を狙うのか...

 

そして「クウガ」という存在は "正義" か、それとも "悪" か...

 

雄介の戦いが、今始まる…

 

f:id:cherrybombom:20200602122125p:plain

A New Hero. A New Legend.

 

 

あなたを愛している3

日本には「本音」と「建て前」という独特な文化がある...

 

 

散々何がいいか迷った挙句、少々値の張る贈り物を用意したのに「つまらないものですが...」と言いながら渡したり、時間がなく忙しい時でも「ごゆっくり」と言ってみたり。

 

その「本音」と「建て前」を見誤ると、時にえらい目に合う事になる…

 

 

 

 

 

 

 

「1曲目から "あれ" はマジで無いわ...」

 

 

あきれたように彼女はそう話した。

 

 

 

「何か好きな曲歌って~!(けど1曲目だから、ある程度考えて選べよ。な?)」

 

 

その「建前」の裏に隠された「本音」を見抜けなかった自分は、いつもように「りれき300」から、知ってる曲を探し始める...

 

カラオケルームの ”先客” たちが残した履歴から曲を探していると、その中に自分が好きな「あの曲」があった。

 

 

そう。よりにもよって「あの曲」を入れてしまったのだ。

 

 

 

Ti amo......

 

イタリア語で愛を伝える時に使われる言葉...

 

日本語で言うと「あなたを愛している」という意味に値する。

 

 

そして、我が国にはその言葉が曲名となった歌がある…

 

 

 

その曲はもはや知らない人がいない程有名で、

 

 

関西弁なら「なんでやねん」...

ラーメンなら「天下一品」…

 

 

それぐらい ”コッテコテ” のラブソングなのである。

 

 

 

おまけにその音程はソロなのに「ハモってるかと思った」と言わせる程のもの...(笑)

 

 

要約すると、彼女は「1曲目」から「音痴」な「ラブソング」を歌った自分のKYさに腹を立てたみたい。

 

 

もちろん自分が下手なのは知ってたし、友達としか見ていなかった彼女を「落とす」つもりで歌った訳でもなかったから、言われるまで全く気にしてなかった...

 

けど女性からすれば、ラブソングって雰囲気のある状態でもっと上手に歌って欲しいものなのかもしれない。

 

 

男同士なら練習がてら一緒に歌って酔いしれるもよし...

合コンの二次会なら、めでたく「1曲目からラブソング入れてくるヤバい奴」認定され、反省会で ”総ツッコミ” 、女子から ”既読スルー” される程度で済んだろう…

 

 

今回のカラオケルームでの惨劇は、”異性” の ”友達” と ”2人きり” という特殊な環境により起こった「すれ違い」とも言える。

 

 

かくして、僕の「Ti Amo」は固く封印される事となった...

その一件以来、人前でその ”愛の歌” は歌わないようにしている。

 

 

 

皆さんもラブソングの取り扱いには十分気を付けて…

f:id:cherrybombom:20200530181233j:plain

いざカラオケってなると、歌おうと思ってた曲忘れるの何でだろう。

 

あなたを愛している2

時間はあっという間に過ぎて、終了を知らせるコールが鳴ったので延長をお断りして退出する。

 

だが、部屋を出た時からどうも女の子の様子がおかしい。

 

「どうかした?」

 

訳が分からず、理由を聞いてみるが、

 

「べつに。」

 

と、某女優さんの様に答えるだけである。

 

 

こうなったら女性は、こちらがその理由を聞いても教えてはくれない...

 

だけど、明らかにカラオケをしてから機嫌が悪い。

 

さっきのカラオケで自分がやらかしたとしか考えられないが、いくら振り返ってみてもその理由が分からない。

 

もちろん彼女には触れてもいないし、セクハラまがいな事も一切してない。

 

マイクだって間接防止で2本を2人でちゃんと分けて、自分のマイクだけ使っていた。

 

相手が歌ってる時のスマホいじりは論外。

 

頷きながらの手拍子、歌い終わった後も拍手をして「あなたが歌うのちゃんと聞いてますよ。」アピールまで完璧だったはず...

 

部屋に入る直前には用を済ませ、飲み物も喉を潤す程度に抑え、相手がトイレでいなくなった時の唐突な「ひとりカラオケ」現象までカバーしていたのに...

 

 

いくら考えてもやはり見当もつかない。

 

聞いてももう教えてくれそうにないので、諦めて合流した4人で晩御飯を食べた。

 

ご飯を食べ終わった後、職場の人から自分の部屋を見たいと言われ、その女の子と3人で自分の部屋で宅飲みをする事に。

 

一緒にお酒やお菓子を買い込んで、部屋に着いた頃にはもうその子の機嫌は大分戻っているようだった。

 

しばらくおつまみやらスナック菓子なんかをつまみながら、楽しく3人でお酒を飲みながら話していた。

 

すると、酔っぱらってきたのかその子が少しずつ饒舌になってきて、仕事や人間関係の愚痴や不満を話すようになり、やがてその矛先は今日のカラオケに…

 

彼女の「別に。」の理由については、もう聞く事を諦めていたのだが、酔いが回っていたせいか彼女はあれだけ頑なに教えなかったその ”理由” をあっさり話してくれた。

 

 

しかし、その口から語られた理由は全く予想だにしていないものだった...

あなたを愛している1

去年の話になる。

 

職場の人の繋がりで知り合った女の子と2人で遊ぶ機会があった。

 

知り合ったと言っても、”お付き合い前提”に紹介してもらったとかではない。

たまたま職場の人と一緒にいる時に何度かその子と顔を合わせる事があり、連絡先を交換するに至ったという感じである。

 

 

その日はドライブをしたり、ショッピングモールで適当にブラブラしていたが、夕方頃になりその職場の人と女友達の4人で一緒にご飯を食べようという事に...

 

ただその2人がこちらに来るまでに時間があったので、どうしようかと話してると近くにカラオケがあるのが見えた。

 

だが、”こういう時” のカラオケの扱いというのは、どうも難しい…

 

男友達。彼女。合コンの二次会みたいな複数人の男女。とかであれば全然気にしない。

でも何故だか「 ”異性” の ”友達” と ”2人きり” でカラオケ」ってなると、急にハードルが高くなる。

 

 

そもそも自分は世間一般で言う「モテない」人間なので、異性とどこかに遊びに行く機会は恐らく同世代の男性に比べれば少ないだろう…

 

ましてや異性と2人きりでカラオケなんてのは以ての外。

 

正確にはそういった経験は皆無ではないが、いずれの場合も「彼女」と呼べる関係になった人と数回行った程度である。

 

しかし、この違和感は自分の経験が乏しいせいで感じるという訳ではないだろう。

 

 

 

この「カラオケで異性の友達と2人きり」というシチュエーションは、

 

「無理。」

 

っていう人もいれば、

 

「別に気にせんけど。」

 

っていう人もいる。

 

カラオケなんて上手い下手関係なく、歌いたい曲を楽しく歌えばいいと思うし、かく言う自分も歌は「下手」な方だから、そう言う事は全然気にしない。

 

だけど歌うのが苦手な人もいれば、異性とあの空間に2人だけというのが無理な人も当然いるだろう。

 

別にどちらが正しいとか間違いとか言いたい訳ではない...

 

ただこの人生のふとした場面に出てくる「謎のハードル」は何なんだろうって考える事がある。

 

1人ラーメンは行けるのに、1人焼き肉は行けない...

 

みたいな。

 

こういう時、自分の性格上そんな事を気にし過ぎて堂々巡りになってしまい、勝手に疲れ切ってしまうのがいつものパターンなのである...

 

少々、話が脱線してしまったが...

 

そんなこんなで ”未知の領域” という事もあり迷ったものの、他に1時間近くも待てそうな場所も見当たらない…

 

てことで取り敢えず提案してみて、その子が嫌ならカラオケ以外を探そうと思って聞いてみると、

 

「あたしもちょうど歌いたいと思っとった!行こ行こー!」

 

と、思った以上にノリノリだったので、結局2人でカラオケをして時間を潰す事に…

 

 

 

男友達でも彼女でもない...

 

 

 

”友達” 関係の女の子と2人きりでのカラオケ…

 

 

 

 

ただの”友達” だから、別に何も気にする事はない…

 

 

 

 

 

ただお互いが好きな曲を楽しく歌えばいいんだ...

 

 

 

 

 

 

そう思っていた。

 

 

 

 

 

 

 

カラオケルームを出るまでは…

 

 

死闘3

そんなこんなで何とかフィルムの貼り付けが完了。

 

あれから秘密兵器(笑)の活躍もむなしく、気泡の大群には惨敗…

 

縁周りは何とか押し出せたものの、中央まで入り込んだ気泡はもはやどうにもならない…

 

後々確認してみると、どうもこのフィルムそもそも気泡が入りやすいみたい…

 

Amazonレビューには、自分と同じように気泡の犠牲となったフィルムの写真が…(笑)

 

ただレビューをよく見ると、「気泡は入りやすいが翌日には自然に抜ける」と何人かの人が書いてあったので、それを信じて大人しく寝て待つことに…

 

今日起きて見てみると、あれだけあった気泡がきれいさっぱり無くなっていた。

f:id:cherrybombom:20200524154202j:plain

一晩経つと、気泡はキレイさっぱり

 

最近の保護フィルムにそんな機能があったとは…

 

おそらくレビュー失敗したって書いてあった人も、辛抱強く一晩程待てば同じように綺麗になってたのかも。

 

ケースも装着して…

 

兎にも角にも、ようやく私のiPhone SEは使えるようになった訳である。

 

 

てか、

 

昨日の戦いは何だったんだ…

 

死闘2

フィルムの箱を開封し、中身を確認する。

 

まずは保護フィルム本体。

 

フィルムの粘着面は2枚のシートで覆われている…

どうやら先に上側を剥がして張り付けた後、下側を剥がしながら張るタイプのようだ。

 

付属品はゴミ取り用のシール、アルコールティッシュ

そして見慣れない小さな厚紙のような板が1枚。

 

説明を見るとこれは ”奴ら” を押し出すためのヘラらしい…

この ”秘密兵器” は、ここぞという時に使えそうだ。

 

それなりの値段をしただけあって、初期装備はしっかりしている。

 

戦いを前に何度もシミュレーションを行い、フィルムと液晶との位置関係を最終確認する。

戦いの準備は整った…

 

このシートを剥がせば、もう後戻りはできない…

深呼吸してゆっくりとフィルム粘着面の上側のシートを剥がす。

 

戦いの火蓋が切って落とされた。

 

液晶画面の上部と平行になるように、粘着面を接地させる。

カメラとフィルムの穴の位置関係も問題ない。

そのまま粘着面を液晶に張り付けていく…

 

周辺にいくらか侵入を許したが、このエリアは言うなれば戦場の最前線…

「三の丸」でのドンパチなら、これまでの戦いで何度も経験済みだ。

 

どうということはない。

 

肝心なのはここから。

「本丸」となる液晶の中心部分をいかに守れるかが、この作戦の成功にかかっている。

 

下側のシートを剥がし、フィルムの粘着面が完全に露わになった。

 

まずは「二の丸」への侵入を最小限に抑えなければならない。

 

息を殺しながら…

 

ゆっくり…

 

ゆっくり…

 

慎重にフィルムを貼り進めていく…

 

 

 何とかフィルムの3分の2程まで進んだ。

 

 

ホコリが舞わないように細心の注意を払いながら、1度大きく息をする…

 

フィルムの位置もシミュレーション通り…

液晶との位置関係は完璧だ。

 

だが、「二の丸」に思った以上の侵入を許していた。

 

このまま貼り終えて、最後に力ずくで押し出すか。

いや、無理に力を加え過ぎるとフィルムに痕を残す危険がある…

 

そうなれば ”奴ら” の思うツボだ…

 

どうする…

 

その時、あの ”秘密兵器” の存在が頭をよぎった。

 

そうだ、あれを使えば ”奴ら” を一掃できる…

 

位置関係の黄金比を崩さぬよう慎重にフィルムを剥がす…

 

フィルムに折り目が付かぬよう…

 

慎重に…

 

慎重に…

 

「二の丸」まであと少し…

 

ようやく侵入体が外に吸い出されるように姿を消した…

 

”秘密兵器” をフィルムにセットする。

 

いける…

 

もはや、迷いはなかった。

 

ブルドーザーの如く、ヘラで押し出していく…

 

そのまま、一定の速度でホームボタンまで貼り進んだ。

 

勝った…

 

あとは周辺に残った”奴ら”を押し出すだけ…

 

 

 

 

そのはずだった。

 

 

 

 

気が付くと「本丸」目前に ”奴ら” の大群が…

 

これこそ気泡の恐るべき力、「分裂」である。

ヘラによって圧力が分散したせいで、分裂を繰り返した気泡は大群を形成してしまっていたのだ。

 

 

「このヘラ、全然使えんやん…」

 

気泡の反撃がついに始まった…

死闘1

この度iPhoneを8 Plusから、最近発売されたSEに機種変更した。

新しいSEにはホワイト、ブラック、(PRODUCT) REDの三色があり、液晶側はどの色も共通で黒という仕様。

 

自分は悩んだ挙句、 (PRODUCT) RED にした。

箱から出さずして、8 Plusよりもかなりコンパクトなのが分かる。

背面の「赤」と前面の「黒」のコントラストがいい感じで、とても気に入っている。

 

f:id:cherrybombom:20200522205446j:plain

(PRODUCT) REDの売上の一部は、世界エイズ結核マラリア対策基金に寄付される。

 

しかし、その美しいフォルムはこの「箱舟」から出た瞬間、多くの危険に晒される事になる。

 

液晶を守る保護フィルム、筐体を守るケース、ホコリの侵入を防ぐキャップ…

 

FFでいう「プロテス」

ドラクエでいう「スカラ」

ポケモンでいう「バリアー」

 

こうした身を守る為に防御力を上げる「儀式」を行わずして、新しいiPhoneを使うことは出来ない。

 

中でも保護フィルムの仕上がりは、今後その機種と付き合っていく上でモチベーションを大きく左右する…

 

そう。

それは再び ”奴ら” との「死闘」が幕を開ける事を意味する…

 

 

 

絶対に負けられない戦いが、そこにはある。